メモログ

💡 Personal notes about anything I'm interested in

Convert video files with the ffmpeg.js worker

Convert screen capture to animation GIFの話でffmpegを使ってキャプチャをGIFに変えるということをした。Macだとffmpegのインストールは簡単だしその方が良いと思うけど、環境によっては難しい場合もあるだろうし、そもそもインストールしてはならない状況もあるかもしれない。そんな時にffmpeg.jsをWeb Workersで動かすのはどうだろうかと思ってやってみた。

デモ。ソースコードはmemolog/ffmpeg_workerあたりにある(とりあえず動くというだけの実装だけど)。ファイルを選択すると、読み込んだファイルをwebmに変換して表示する。見た目は下のキャプチャような感じになる。このデモサイトでは、mp4やmovファイルをwebmに変換できるけれど、iPhoneで撮った動画はエラーになって変換できない(おそらくエンコーダ的にffmpeg-worker-mp4.jsの方を使わないといけない)

基本的な実装は二つで、一つはWeb Workerを起動させて実行結果を受け取る処理。ffmpeg.jsは変換処理が終わるとWorker自身にdoneイベントを送るのでそこで実行結果を受け取る。

this.worker = new Worker("./lib/ffmpeg-worker-webm.js");
this.worker.addEventListener("message", ev => {
  const msg = ev.data;
  const type = msg?.type ?? "";
  switch (type) {
    case "done":
      const data = msg?.data?.MEMFS[0]?.data;
      this.setState({
        converted: URL.createObjectURL(new Blob([data])),
      });
      break;
  }
});

もう一つはtype="file"のchangeイベントで、event.target.filesからファイルオブジェクトを受け取って、ArrayBufferにしてworkerに渡す処理。

const reader = new FileReader();
reader.onload = () => {
  const result = reader.result;
  if (result instanceof ArrayBuffer) {
    this.worker.postMessage({
      type: "run",
      MEMFS: [{ name: file.name, data: result }],
      arguments: ["-y", "-i", file.name, "-crf", "30", "-b:v", "0", "out.webm"],
    });
  }
};
reader.readAsArrayBuffer(file);

上のキャプチャで使った動画はCosmic Origin of the Chemical Elementsの講義からダウンロードしてきたものだけど、12MBのデータを10MBに、見た感じ劣化もなく変換することができたと思う。実行時間は測ってないけど10分とかもうちょっとかかってたかも。

それで、動画をGIFに変換できるのかというと、、できない。GithubのGIF Encoding?のissueによると、Makefileにgifを追加してビルドすれば対応できるらしい。それでBuild instructionsを参考にビルドしようと試みたのだが、Can’t compile with recent emscripten.と同じところでエラーになって手詰まりになって諦めた。

というメモ。